FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

吉村昭   「白い航跡」(講談社文庫)

吉村昭   「白い航跡」(講談社文庫)
沖縄の辺野古への基地移設反対、原発再稼働反対のデモの様子が最近頻繁にテレビに登場する。このデモが新聞と結びつき、あたかもすべての人が基地移設、原発再稼働に反対しているがごとくに煽り立てる。しかし、現実にデモに参加している人は100人もいないのが殆ど。多くても数百人規模。少なくてもニュースや新聞でとりあげるのなら万はいなくてはいけない。そこまでいなくても5000人以上はいなくては。
 ヒステリックに新聞が煽るのに、どうしてこれほどまでに参加者が少ないのだろう。
 それは、「平和を愛する会」とか「基地建設反対の会」とかあたかも純粋なる活動のように装いをしているが、そのバックは特定の思想やイデオロギーを持った人たちが存在していることを多くの人々がうすうすながら知っているからだ。
 そしてそういう人たちの本質は、自分たちが権力を握ると、異なる人々を排除し弾圧を加えることを知っているからである。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT