FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

相場英雄  「デフォルト」(角川文庫)

相場英雄  「デフォルト」(角川文庫)
ダイヤモンド小説大賞受賞作品。
日本は平等社会。ヨーロッパのような階級社会は存在しないはずである。
ところが日本にも階級社会、差別があるのである。それは貴族階級とは言わず閨閥と呼ばれるところに所属する人々である。
 だいたいは高級官僚や金融機関のエリート社員がエリートとしての存在を揺るがぬものとするため、政治家の娘を嫁にする。これが、閨閥への入門になる。
 閨閥に入ると、一般人を規制している法律や秩序からは除外される。どんな振る舞いも許される。
 官僚や政治家は体を張って門閥に属する人々を守らねばならない責任がある。そして、その門閥に対して疑問を呈したり、攻撃をしたりする人は、社会の隅っこにおいやられる羽目になる。この作品は正義ぶって門閥に対抗する人の最後に行き着く哀れさを描く。
 ダイヤモンド社の文学大賞受賞だから、スポンサーである金融会社、官僚をたたく小説であってはいけない。悪をあぶりだし、何故そんな行動をとるのかは、この作品には無い。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

| 古本読書日記 | 06:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT