FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今野敏   「潜入捜査」(実業之日本社文庫)

今野敏   「潜入捜査」(実業之日本社文庫)
規制改革、自由化が一部で叫ばれているが、逆に規制がかかり厳しくなっている分野も多い。
食品、薬物、環境などの分野は、規制がどんどん厳しくなっている。規制を遵守することは、規制前に比べコスト負担が大きくなる。そうすると、どうしても規制前の状態で事業や活動をしたいと思う。ここに暴力団がつけこみ甘い汁を吸う。暴力団は今どうやって金を稼ぐか。
規制ができるたびに、それに困っている事業者につけいり、銭儲けをする。これが莫大な収入源になっている。規制は暴力団の活躍場を増やしているのである。
 この作品では毒物、危険物の輸送規制、産廃物不法投棄規制に暴力団が付け込んでいる姿を描いている。運送会社というのは世のなかに掃いて捨てるほどあり、その殆どは小規模会社、青息吐息の会社ばかりである。その青息吐息の会社につけいり、産廃不法投棄、毒物輸送をやらせるのである。運送会社は多少実入りはいいかもしれないが、ばれてしまえば、
万事休す。でも、そのことを強迫で行わせた暴力団は絶対表面にはでず、捕まることはないのである。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT