FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

江波戸哲夫  「報道キャスターの掟」(祥伝社文庫)

江波戸哲夫  「報道キャスターの掟」(祥伝社文庫)
テレビをはじめとして、マスコミというのは、いつも、世論を引っ張り、庶民を教育啓蒙してあげるという姿勢がありありで、いやなものだと思う。テレビや新聞の影響力など、今は大きく低下し、その地位は根底から揺らいでいる。ところが、それに気が付かず、相変わらず世をリードしているなどと思っているから、救いようがない。とにかく、一般の人々の中にはいるより、テレビにしがみついている、評論家や、知識人などに何かあればコメントを求める。向いている相手先はこんな人たちばかりだから、どんどん庶民は離れてゆく。
 この前の選挙。人々の殆どは何故今選挙か全くわからないと思っている。少しだけそこをついたマスコミもあったが、全体的には、そんな疑問はどこかへ飛んで、選挙一色で紙面、放送を塗りつぶしてしまった。
 こんなとき、ちゃんとテレビやマスコミがしつこくなぜ今選挙を追及し、もっと投票率を落とさせ、それでも信任されたのかと、くってかからないのかと本当に思う。

| 古本読書日記 | 06:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT