FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

誉田哲也 「アクセス」 (新潮文庫)

誉田哲也 「アクセス」 (新潮文庫)
2mbというドメインを持っているプロバイダーと契約する。それを、他人に紹介し、他人が登録すると、その瞬間から以降は、通信料、インターネットがすべて無料になる。
 こんな話からはじまるので、てっきりネズミ講の話かとおもいきや全く違った。
よく小説のテーマとなる幽体離脱の話だった。ただ、幽体離脱が、パソコン、ネットワークの世界によって実現されるというところがまあ現代的。
 2mbというドメインが、2をtwo,あるいはtoとみればtombとなり、これが墓の意味となるのがミソ。一旦、2mbの世界に幽体離脱してはいってしまうと、そこからでられなくなる。しかも、現世界に残った肉体は、悪意を持った人間が乗り移る。
 2mbに入り込んでしまった主人公の可奈子が、同じく入り込んでしまった尚美の犠牲的、献身的奮闘により、現実の世界に生還するところがこの作品のよみどころ。
 更に最後のおまけで、尚美までもが現実の世界に生還してしまうところは、誉田のサービスなのだろう。
 

| 古本読書日記 | 06:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT