FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

松久淳 「天国の本屋」(新潮文庫)

松久淳 「天国の本屋」(新潮文庫)
誰もが100歳まで生きることができる。100歳までに死んだ人は天国に行って100歳まで生きてその後は新たな命となってまた普通の世界に戻って生きる。
 主人公のさとしは、生きたまま天国に連れてかれ天国の本屋で店長代理になる。
全員じゃないかもしれないが、天国にいる人にはそれぞれ思いがこめられた本がある。そんな人たちがそれぞれに思いの込められた本を持って本屋にやってきてその本を朗読してくれるようさとしにお願いする。本がとっても好きな作者の楽しい発想がうれしい。

| 古本読書日記 | 06:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT