FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

乙一  「夏と花火と私の死体」(集英社文庫)

乙一  「夏と花火と私の死体」(集英社文庫)
乙一の処女作。何と16歳のときの作品。「少年ジャンプ小説、ノンフィクション賞」で最優秀賞を獲得している。
 乙一の作品はホラーサスペンスなのだが、作為がなく、実に自然で、わかりやすい。
この作品も、殺されたさつきの死体を隠す。それが見つかりそうなところで、何とかすりぬけ、何度も隠すことを繰り返す。そこが驚くほどに、普通で自然なのだが、ちゃんと恐怖感をもりあげる仕上げになっている。そして最後のどんでん返しも鮮やか。
 16歳だから、純真、自然で当たり前かと思うが、その後の彼の作品も一貫してわかりやすく自然。
 こういう作品は、日頃本などに接しないひとに読んでもらうとよい。愛読家になる入門書に最適だ。しかし、乙一の作品が面白いから、その先へ進まず、乙一でとどまってしまうことが心配でもある。

| 古本読書日記 | 06:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT