FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

呉善花  「韓流幻想」(文春文庫)

呉善花  「韓流幻想」(文春文庫)
一時期落ち込んでいた韓国から訪日者がここにきて増加傾向にあるという。日本からの訪韓者は変わらず低迷しているが。
漢江の奇跡といわれるほどに低迷する日本を尻目に韓国経済が成長したとき、韓国は最早日本を追い抜き、日本など競争者ではないと韓国では言われた。更に教育では日本人は残忍で凶暴であることを徹底的に教え込み、日本嫌いな人間創りを徹底して実施している。
 不思議なことは、漢江の奇跡の当時でも韓国女性中心の韓国制クラブ、バーは日本で増加していた。或は、韓国を捨てカナダやアメリカなどに移民する人がたくさんあり、今でもそれは増加傾向にある。
 そんな素晴らしい国からなぜ人々が海外や嫌いな日本にとびでてくるのか。在日韓国人も日本にたくさんいる。それだけ素晴らしい国ならば、こぞって帰国するはずなのに、殆どそんな動きはない。
 日本では200年以上続く会社が3000社もあるし、旅館や飲食業まで数えると15000軒もあるという。韓国では0である。韓国は強烈な父系血縁社会。2世、3世どれほどボンクラであっても家を継ぐ。ここに綻びがでるのだそうだ。日本はボンクラであれば、能力のある人が継ぐことが普通にある。
そして引き継ぐ者、社会の中心は原則男性。こんな国では女性は生きにくい。だから生きる場所を海外や日本に求める。
 どれほど反日であっても、自由な空気が満喫できることを情報で知ると韓国からでたくなったり、韓国にはもはや戻れなくなるのである。

| 古本読書日記 | 05:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT