FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大仏次郎  「炎の柱、織田信長」(上)(下)(徳間文庫)

大仏次郎  「炎の柱、織田信長」(上)(徳間文庫)
大仏次郎  「炎の柱、織田信長」(下)(徳間文庫)
新聞小説だから、大長編である。
家康の嫡男は長男である信康。信康の妻は、信長が差し出した信長の娘、徳姫。信康に今は愛されていないのではと思い込んでいる徳姫が、信康が母築山御前(この人は今川義元の娘)と組んで、甲斐の武田と通じ、信長を滅ぼそうとしているという告げ口手紙を信長にだす。
 信長は自らの嫡男、信忠は信康に比し、統率能力、武士としての能力に劣ると思い、信長の時代は、織田天下で続くが、信忠の時代になると、信康に天下をとられると考えていた。
そこへ、徳姫の訴状。信長はこれを逆手にとり、家康に信康を殺せと命ずる。家康は種々の手立てをしたが、最後は信長に逆らえず、信康を自害させる。
 軽率な訴状が信康の自害を招いたとの強い悔恨が徳姫に残る。この悔恨が、物語全体に流れる土台となっている。
 もうひとつ、大仏の描き出す、信長を殺した明智光秀の人間性が実に面白い。
齢を私なども重ね、過去を振り返るとき、まずもっていい思い出など全く浮かばない。あのときの失敗。軽率な行動、発言。あれが無ければと思うことばかり。光秀もそんな人間に描く。更に実直ゆえに、どうしても言わずもがなの一言を余計に言い、それをじくじく悔やむ。
 信長が、武田を滅亡させた功績で、家康を都に招待する。ここで、光秀は家康の食事、接待役を信長より命ぜられる。ところが、家康にだされた魚が全て腐ってしまっていたことが発覚。信長が強烈に怒り、光秀を接待役からはずす。
 ここで光秀は、秀吉や信忠に比し、自らの人生の不運さを、過去を遡り実感する。
この作品の失敗部分があるとしたら、この光秀の強い悔恨と取り返しのつかない失敗をしでかし、自分は信長に殺されるというところに追い込んでいかなかったところ。
 じくじく思い悩んでいるうちに、悪魔がささやき、光秀でも天下がとれるーこの言葉によって本能寺の変が起こったとしてしまったこと。詰めがあまかった。

| 古本読書日記 | 06:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT