FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

江戸川乱歩  「虎の牙、透明怪人」(講談社文庫)

江戸川乱歩  「虎の牙、透明怪人」(講談社文庫)
怪人二十面相と明智小五郎名探偵との戦いシリーズ。
「透明怪人」が面白かった。
新聞記者黒川は最近東京に出没する透明人間について記事にしたり捕まえることに必死になっている。黒川の話によると、銀座に透明人間が現れる。透明だから、誰にも見えない。しかしときどき何かにぶつかる。「何だ」と怒ろうとしてもそこには何もない。そんな経験者が銀座に大勢でたという。
 そこから、足が消え、胴体が消え、首から上だけが残るといったような現象があちこちで起こる。そして事件も起きる。
 途中で、透明になることのできる薬が開発され、島田少年が飲まされ透明人間にされたようになる。まさか、透明になる原因は薬だったなんてことはないだろうな。心配しながら読み進むと、ちゃんと後半明智先生が現れて透明人間になるトリックを解明してくれる。透明現象が起きる時はなぜか必ず黒川記者がいることがトリック解明の鍵となる。

| 古本読書日記 | 06:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT