FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伊坂幸太郎  「終末のフール」(集英社文庫)

伊坂幸太郎  「終末のフール」(集英社文庫)
8年後に小惑星が地球に衝突、地球の生き物すべてが滅亡すると宣言される。そして今はそれから5年がたち、地球滅亡まで3年となった時の、仙台「ヒルズタウン」というマンションに住む人たちのそれぞれの人生模様を8編の短編にして描く。8年前はパニックになる。暴動も略奪も人殺しも起き世界は混乱する。しかし、それから5年後になると、次第に世の中は落ち着き、電気も通る。細々ながら農業も始まり、車も走る。警察も復活しそれなりの秩序も回復する。そして、人々は3年後に滅亡するとわかっていても、生きることを大切にして日々の生活をしてゆく。
 まず、本当にそうかなあと思う。やっぱし、世の中は混乱してダイナミックに滅亡にむかってゆくように思う。そういう想いがぬけきれないものだから、やたら地味に感じる。
 読むはじから中味を忘れてゆくほどに、平凡で、つまらない作品に思えてきてしまった。

| 古本読書日記 | 15:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT