FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

森沢 明夫  「夏美のホタル」(角川文庫)

森沢 明夫  「夏美のホタル」(角川文庫)
森沢は今年のモントリオール映画祭で特別金賞を獲得した「ふしぎな岬の物語」の原作者。
それでこの本を手に取ってみた。
 この物語は、父、母から子へ孫へと、人生をつないでゆく物語だ。その瞬間で最も大事な言葉が「生まれてきてくれてありがとう」。その継いでゆく姿、家族を暖かくみつめてくれる地蔵さまがいる。
 「お地蔵様ってのはな、いちばん弱い立場の者から救ってくれる、心優しい仏様なんだ。だから、子供を最優先で守ってくれる。」
 登場人物はすべて心優しいひと。さらさらとそよ風が流れるように物語は進む。340ページの作品だけど、1時間半で読んでしまった。こういう軽い作品もたまにはいいなと思うけど、一日に5-6冊読んでしまいそう。お金がもたない。

| 古本読書日記 | 06:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT