FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

法月綸太郎  「一の悲劇」 (祥伝社文庫)

法月綸太郎  「一の悲劇」 (祥伝社文庫)
正統派推理小説。
作者と同じ名前の名探偵が登場する。この類の推理小説の欠陥は、名探偵は無謬であるという点。
 最後がどうにも懲りすぎ。残り30ページでちょっと納得はいかなかったが、犯人が決まったと思ったところ、最後の5ページでまた別の真犯人が明かされる。大どんでん返しが用意されていた。それがどうにも自然でない。三浦靖史が殺された際、一の数字をしめしたダイインメセージを三浦が残す。
 その一、犯人は和美なのだが、三浦は和美の名前が一美だと思っていたからなんて、こじつけも過ぎる。

| 古本読書日記 | 06:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT