FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

しっぽのきもち

あなたのしっぽになりたいって、普通にストーカーですよね。
猫の歌といえば、「うちのネコぼくのネコ」とか「44ひきのねこ」とか。
猫の絵本といえば、「11ぴきのねことへんなねこ」。
猫の漫画といえば、「ねこ・ねこ幻想曲」。

ネタというほどのネタもないんですが、定期的に写真入りの記事をアップしないといろどりが足りないような気がしましてね。
こんなときこそ、猫の登場です。
ちなみに、私の車には「犬がノってます」だの「飯のためなら何でもするズラ」だのステッカーが貼られていますが、自分では猫派だと思っています。

IMG_1514.jpg

携帯電話も、I♡CAT です。このぬいぐるみは、かなり昔に遠鉄百貨店のパーソンズで買ってもらったものです。

さて、我が家の猫の話。
毛深い彼女は、クーラーのある部屋は気に入らないのか、床に伸びていることも多いです。

IMG_1511.jpg

最近はセルフ毛づくろいが足りないようで、毛玉が増えました。女王様を思い出させる。
猫も年取ると身なりに構わなくなるんですかね。

アップにすると、まだまだ美人。

IMG_1513.jpg

茶々は今日もベッドです。犬と共存できる性格ですし、クーラーも平気……と書いている横で、くしゃみをしています(;´・ω・)

IMG_1507.jpg

充填率が高いですね。SサイズではなくMサイズのベッドなんですが。
ベッドといえば、6年前はこんな写真も撮っていました。
ゆめこがいかにデブったかわかりますねぇ。

「しっぽのきもち」で思い出しました。
「君の中入っていって、その瞳から僕を覗いたら」ってB’zの曲にあるけど、僕は彼女の中にいるんだから見ようとしたって無理じゃないかと。
やっぱり、相手の一部になっちゃだめですね。
まだ、「ビーチサンダルを履いた指に挟まる砂のように」とか「まるでコンタクトレンズのように」とかのほうが?
↑ポルノグラフィティです。


by はなゆめねえや

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 日記 | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT