FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

道尾秀介  「シャドウ」(創元推理文庫)

道尾秀介  「シャドウ」(創元推理文庫)
本格ミステリー大賞受賞作。最近はいろいろの文学賞があるので、どれが権威のある賞かもうひとつわからないが、大賞を受賞しただけのことはある力作だ。
一番になることは、決してよいことではない。確かに一番遅いと、後ろから襲ってくる敵につかまり最初に殺される。だけど、前で敵が待ち伏せしていれば、一番は最初に殺される。
 なかなか面白いことを道尾は言う。
この作品のもうひとつ納得いかないのは、洋一郎という殺人者が、2年にもわたり統合失調症を装うことに成功すること。それも精神病では権威を持つ医者の患者として。しかも権威者のまわりには更に何人かの優秀な精神科医がいて、洋一郎を診察もしている。
 こんな状況におかれた洋一郎の演技が見破れない精神病専門医。何だか精神病医学はそれほど発達しておらず、頼りないものなのか。そんなことはないと信じたい。


by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 08:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT