FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

誉田哲也  「ドルチェ」(新潮文庫)

誉田哲也  「ドルチェ」(新潮文庫)
桜木の省略文体を読んだ後だけに、誉田のわかりやすい文章がうれしかった。
転職を繰り返す人がいる。自分にあった仕事を探しているということがあるようにも思える。でも、適っていないという心持と同時に、どこの職場に行っても、自分は全く必要とされない、自分はどこへ行っても必要とされない人間なんだと思い転職ばかりを繰り返す。
 そんな気持ちが孤独感に拍車をかける。
しかし、最初から必要としている職場などない。必要とされることになるだろうと期待され採用された人材はもちろんいるが。
 やっぱし我慢して、仕事を続けて、必要な人だと思われるように努力しないと。
そんなことをこの短編集を読んで思った。

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 08:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT