FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

松本清張 「雑草群落」(上)(文春文庫)

松本清張 「雑草群落」(上)(文春文庫)
松本清張 「雑草群落」(下)(文春文庫)
清張得意の美術品真贋もの。
浮世絵の印刷物はたくさん存在するが、肉筆浮世絵はいまだにない。大阪の大製薬会社の社長が肉筆浮世絵を所望していると聞きこんだ、古美術品商の庄平が、無名の絵描きと国立美術館の有名鑑定士である技官と組んで浮世絵を贋作し嘘の鑑定で、社長に売ろうとする。それからたくさんの女性が複雑に絡んで、最後は破たん、奈落に落ちそうな恐怖と闘う庄平と読者が一緒に手に汗にぎりながらミステリーを味わう。
 面白いし最後は本当に盛り上がる。
でも、さまざまキーとなって登場してくる何人かの女性の描きかたがどうにもぎこちない。
物語の展開は面白いはずなのに、女性が活動するところで、ぷつぷつと物語が止まる。

by はなゆめ爺や

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 15:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT