FC2ブログ

≫ EDIT

白石一文   「ここは私たちのいない場所」(新潮文庫)

 釈尊は妻子をすて悟りの道にはいる。そして弟子たちに妻帯を禁じた。イエス キリストも妻を娶っていないし、子供ももうけていない。彼も弟子たちに妻帯を禁じている。それだから、カトリックでは神父は独身を通すし、修道士は童貞をもって本分としている。

 この世界で最も尊宗を集めている二人が性交渉を拒絶し、人類の存続を拒否している。人類が、2人の教えに忠実に従っていたら、人類はすでに絶滅していただろう。

 主人公の芹澤は大手食品メーカーの常務に上り詰め、次期社長も視野にはいっている。しかし、部下の妻と愛人関係を持ち、それで部下の不祥事に連座して、会社を退職する。

 人は、生殖機能を持つことにより、子供から決別して大人の世界にはいる。やがて、恋をして、結婚し、子供を持ち家庭をつくる。

 芹澤は、ずっと独身を保つ。結婚や家庭を持つことを拒否してきた。ということは子供の世界を貫いてきたということ。

 彼の大学時代の友人がブラジル単身赴任中、飛行機事故にあい、幸いにも軽傷ですむ。友人はブラジル赴任を無事勤め上げれば役員の道が約束されていた。しかし、友人は会社に日本に帰してくれるよう直訴した。家族の絆まで犠牲にして働くことに価値を感じなくなったからである。

 芹澤は思っている。家族を抱えた人たちは致命的な弱点を持っている。妻や子供を持つということは、会社を辞めるという選択肢が無い。そのため、人生のなかで思い切って力の限りアクセルを踏むということができない。

 芹澤はいくつかのるかそるかという場面にぶつかり、その度に、思いっきりアクセルを踏み人生の階段をかけあがってきた。それは、結果、満足と喜びを与えてくれた。誰にも依存しないことを目標にして生きてきた。誰にも頼らないことが信条だ。子どものようにわがまましほうだい、思い通りの人生を生きてきた。

 独身を意に沿うものとして貫いている人はまだ多くなく、独身のままにおいやられている人が殆ど。

 芹澤のように信条に従い独身をつらぬく。しかも、釈尊やキリストのように生殖活動を禁止しているわけでなく、愛人を持って堪能している。

 芹澤の生き方、殆どの人は実現不可能。そんな人の人生の悩みを物語で提示されても、実感が沸かない。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



 

| 古本読書日記 | 06:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

村田紗耶香   「殺人出産」(講談社文庫)

 近未来に起こる社会の仕組みの変化とその時の人々の行動を描いた4編の短編集。

人殺しは理由の如何を問わず、悪であり、刑罰を受けるというのが現在の掟。

しかし100年後、人口減少が進み、何とかせねばならない状態に追い込まれる。
 そこで、国は、人工授精で子供を10人まで産めば、人一人を殺害してよいという制度を創る。

 あいつだけは殺したい。この世から抹殺したいという人を持っている人は多い。10人出産を実現できれば、憎い奴を殺すことができるのである。

 この制度の問題は、10人と言えば最低でも10年の年月が必要となり、この間流産でもすれば、更に期間は伸び、憎く殺したいという感情がそれだけ長持ちするかということ。

 物語では、特定の誰かを憎むということではなく、とにかく人を殺してみたいという欲望が強い女性がいて、10人出産を行う。

 そして、殺しの対象の人が選択され、その人に通知がされる。通知がされると、その人は逃亡しようとすると警察に身柄が拘束され、死に場所まで連行され、強い麻酔が打たれ、正体をなくす。そこで、10人出産の女性が登場して、刃物で対象の人を殺害する。

 物語では、殺された人が妊娠していて胎児まで殺されてしまうという落ちがつく。
これが本のタイトルにもなっている「殺人出産」。

 その他、恋愛はカップルでするのが今までの常識だが、100年後はトリプルで愛し合うのが常識になっている。
 トリプルのほうが、一人が家事、育児に専念しても、2人が稼ぐから生活が成り立ちやすいという利点もある。

 また、医学が進歩して、人間は病気、老衰では死ななくなる。こうなると、面白いのだが、安らかに、楽をして死にたいという人たちがでてくる。そのハウツー本がバカ売れする。

 こんなSFまがいの作品が収録。発想がおもしろく、ドキドキしながら自分を未来世界に連れていってくれる。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



| 古本読書日記 | 06:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

内田樹    「下流志向」(講談社文庫)

 2022年から。高校の国語の科目が変わる。現在は現代文A,B古典文ABなのだが、22年からは、論理国語、文学国語、国語表現、古典探求となり、この中から各高校で選択科目として選ぶ。

 論理国語、契約書を読んだり、作ったり、論理を組み立てる力、グラフや統計を読み取り表現する力を中心に学ぶ。つまり、社会にでて即有用な人材を創るための教科ということになる。社会で役立たないと思われる文学は、選択しない高校もでて、ますます文学は軽視されるのではないかと危惧されている。

 最近は、それをして何の役に立つのかという視点から、学ぶ中身を考える発言が多くみられる。流石に幼児期に、子供はそんなことは言わず、親の言葉を全面的に受け入れるが、小学校にあがると、それを習って何の役たつの?と聞く生徒がでるという。その生徒は納得ゆく答えが先生よりなされないと、全く授業に関心が無くなり、ゲームをこっそり授業中にしたり、隣の子と話しをずっとしたり、教室を徘徊したりするらしい。

 学ぶための不快に交換できる価値が無いと学びを拒絶するのである。

 最近引きこもりが大きな問題になっている。もちろん、突然のショックが引き起こしたり、メンタルの問題で引きこもりになっている人も多くいるとは思うが、自分の価値尺度で、不快だと決めて、それを拒否する生活をすることに価値があると考え、引きこもりになっている人も多いのではと思う。

 多少の修正はいるとは思うが、少なくても、大学までは、教育は有用という尺度で判断するのではなく、幅広く深く学ぶべきものだと判断すべきである。

 それは、無用という判断の尺度が30CMのものさしだけでなされるのではなく、長尺の複数の物差し、三角定規、分度器といったいろんな尺度を身に着けて判断せねばならないからである。

 この作品では、学ぶということは、幅広い見方、考え方を身につけるということであると一貫して主張されている。

20代前半で社会にでるとき、エクセルやパワポができる学生より、多くの教養をみにつけそれを背骨にしている学生のほうが社会にとって有用な人になると私は確信している。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誉田哲也   「Qrosの女」(講談社文庫)

 ファストファッションメーカーのトップブランドQrosのCM撮りの現場。そのCMには何人かの旬の俳優が登場するが、そのメインはモデルあがりのスター福永瑛峲とイケメンで大スターの藤井涼介。

 このCM撮影でQrosのチーフエクゼクティブの桑島の眼に、撮影現場の世話をしている一人の女性がとまる。そして、桑島がその女性を急遽メインで起用することを指示する。CMの最後のクライマックスシーンは、Qrosの最新ファッションで身を包んだ女性を、藤井がハグをする。

 もちろん指名された世話係の女性は懸命に出演を断るが、桑島の決定はくつがえすことはできない。更に、完全に主演の座を奪われた、福永と藤井は面白くない。それを和らげる意味もあり、この女性は名前も明かさないし、タレントとしてデビューもさせないという取り決めを関係者でする。

 しかし、CMがオンエアされると、裏目にでる。あのハグされる美人は誰なんだと。ネットは炎上するし、週刊誌が真相をおって追及しだす。

 ネットでは最初は誰だから始まり、台湾人だとか、どこかのキャバクラに会ったとか、フェイクの情報が流れる。

 ところが、ある時、中目黒や豊洲で見かけたという情報が発信され、徐々にその情報が、その女性を貶める情報ばかりになる。そして、当然週刊誌も中目黒や豊洲中心に彼女を探し出す。

 この物語の面白いのは、ネットで「だきてえ」とか「お尻さわりてえ」とか品は無いが、中傷ではなく、欲望を表現しているツイートがなされる。一方で人格や行動を中傷しているツイートも多くなされる。しかし実際は中傷のツイートは多くの人からなされることは無いということだ。そんなに他人を貶めることに、一般の人は関心が無い。

 だから、この物語の貶め誹謗のツイートはたくさんの人を装っているが、たった一人でなされていた。しかも、その犯人は、(笑)を半角にする癖があることで発覚する。

 そういえば、少し前にネット上でのグルメサイトの評価が信頼できるものでは無い場合が多いというニュースが流れ問題になっていた。

 好評価も貶める評価も、意図した会社がサクラを雇って集中して投稿したり、ある個人が大量の評価情報を流す場合が多いのだ。

 運営サイトへの指導、注意が行政から求めるということだったが、こんなことは防ぎようがない。

 この物語は、ネットによりかかって生活するということは、フェイクの情報に囲まれて生活することだということだという認識を持って、利用者は対応せねばならないということを教えている。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 05:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

佐藤多佳子   「一瞬の風になれ 第二部―ヨウイー」(講談社文庫)

 全く恥ずかしい話だが、佐藤多佳子の出世作「一瞬の風になれ」が3巻もある大長編とは知らなかった。今回、その2巻目を手にとってみた。

 2巻目は、3つの出来事が起きる。

主人公新二が友人でもあり目標にしている連が、4継といわれるリレーで足を痛め、1年ほど走れなくなる。落ち込み、投げやりになる連。

 それから、ジュビロ磐田に加入した兄健一が車の事故に遭い、重傷を負い入院する。
この2つの出来事に、新二と谷口の恋の物語が流れる。

 谷口は、連や新二のように目立ち才能があるランナーではない。指導教師に中長距離に変わりなさいと言われ、黙々と練習をする。
 新二は、谷口が同じクラスで、たまに話はするが、気になっているわけでもない。

その谷口と新二は兄のジュビロ磐田の試合を見に行くことになる。小田原から青春キップ、普通電車で磐田までゆく。

 電車の中で、会話ができない。それが、試合中も終わってからも続く。でも、新二が「健ちゃんどうだった?」と聞くと
 谷口は答える。
「神谷君(新二の苗字)が一番すごい。健ちゃんを目指してめげず、いつも前向きで頑張っている」と言う。新二は心が暖かくなる。

 新二は、健一が大けがをしたことにショックを受け、陸上部の練習に行かなくなる。陸上部全員が、じっと新二の復帰を心待ちにしている。ずっとブラブラしていると、谷口が家にやってくる。 丹沢湖駅伝に谷口が出場すると言う。

「部のためじゃなくて、神谷君のためじゃなくて、私のために、私のわがままで、ただ来てほしいと思って、それだけなんだ。」
 谷口、もう正式な大会に出場することなんか無い。これが最初で最後の公式大会の出場なんだ。そして、新二は自転車で谷口の走る姿を見にゆく。

最近の物語では、こんな純粋な恋の場面が登場しない。キスや体の関係を持つことが当たり前のような物語ばかりで、ちょっと違うんじゃないかと不満を持っていた。

 高校生の恋はこういう恋が普通じゃないの。
佐藤さんのピュアでぎこちない恋の描写に、遠く過ぎ去った青春をなつかしく思い出した。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 06:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT