FC2ブログ

≫ EDIT

司馬遼太郎    「坂の上の雲 三」(文春文庫)

 明治35年9月19日に正岡子規は亡くなる。そして、明治37年2月4日御前会議にてロシアとの戦争を決議、6日に国交断絶をロシアに通告、戦争に突入する。

 海軍は旅順に向かい、陸軍の第一軍は朝鮮半島に上陸、第二軍は遼東半島に上陸。日露戦争の火ぶたがきられ、海軍の旅順近郊での戦いまでを三巻では描く。

 この作品は昭和43年から47年まで産経新聞に連載され、大ベストセラーになった。当時は企業での組織論、戦略、リーダーのあるべき姿が高度成長を背景にサラリーマン世界で沸騰していた時代、この作品も、そんな雰囲気にのり、戦場におけるリーダー、戦術が中心に描かれた作品だった。

 しかし、戦争における大きな負の側面は殆ど描かれない。唯一語られる部分が一ページだけある。

 日清戦争の最中、明治28年の軍事費は九千百六十万円。翌29年は平和時代だったのに2億円と倍以上に膨れあがる。総予算の軍事費の割合が28年32%なのに翌年は48%になる。そして驚くことに30年には55%を占めるまでになる。想像不可能な予算である。

 司馬は描く。どうしてこんなことが可能だったのか。

 「ひとつは日本人は貧困になれていた。この当時、子供は都会地の一部を除いては靴を履く習慣もない。手製のわら草履かはだしであり、雪国の冬のはきものはわら靴でこれも手製である。こどもだけでなく、田舎ではおとなもほぼそうであった。
 食物は米と麦とあわ、ひえで、副食物のまずしさは話にならない。
その上、封建的な律儀さがまだ続いており、ひとびとは自分の欲望の主張をできるだけひかえることを美徳としていた。」

 もちろんこの作品は、明治期の坂の上の雲をめざす、軍人、政治家の群像を描く作品だから仕方ないとは思うが、こんな表層的な表現で負の部分をおさめてしまっていいのだろうかと考えてしまった。

 ごく一部の人を除いては、貧乏なひとびとであり、飢餓で死んでしまうひとや、その貧しさに子供の間引き、女衒に女の子を売り渡すことも多かった。

 たくさんの人々の犠牲の上に戦争が行われたことに間違いない。明治のリーダーたちは称揚されるほど立派だったのだろうか。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

司馬遼太郎   「坂の上の雲二」(文春文庫)

 物語は、日清、日露戦争での秋山兄弟の活躍が軸になるのだが、この2巻では彼らの友人正岡子規のすごさが描かれているので紹介したい。

 俳句は、そのもととなった連句の最初の17文字をきりとったもので、当時松尾芭蕉はしられていたが、詩歌の世界ではあくまで支流で、芸術としての評価は低かった。それを子規が登場して芸術的評価をたかめ、芸術としての地位を確立した。

 子規が発掘した俳人に与謝蕪村がいる。

 子規は芭蕉の次の有名な句を高く評価していた。
  五月雨を集めてはやし最上川

 名句と評価はしていたのだが、「集めて」という言葉が巧みすぎて面白くなくなっている。巧みすぎることに臭味を強くかんじ、技巧過ぎていやな句になる。

 同じ五月雨をよんだ句ならば、圧倒的に蕪村の次の句がすばらしい。
  五月雨や大河を前に家2軒

このほうがはるかに絵画的実感がある。刻々と増水してゆく大河という自然の威力をことさらに強調していうことなく、ほんの一筆のあわい墨絵の情景にしてしまい、しかもそこに家2軒がそこはかとなくたたずむ。その心もたなさを見事に表現している。

 俳句における言葉遊びや技巧を嫌い、写生写実をもって俳句を作るという主張を確立実践している。
 なるほどと思う。2つの句を繰り返し読めば読むほど、子規の評価が胸にしみ込んでくる。

この物語の最後に秋山真之は、アメリカに海軍について学ぶために留学をしている。驚くことに、軍艦にのり、キューバをめぐる米西戦争を見学。そこで、サンチャゴ湾の出入り口にアメリカ軍が自らの船を破壊して沈め、スペイン船を湾内に閉じ込める作戦をみる。

 これが後の日露戦争の戦術のヒントとなる。どのようにこの作戦を日露戦争で実践したか。三巻以降を手に取るのが楽しみになる。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

司馬遼太郎    「坂の上の雲一」(文春文庫)

 今頃になってぼちぼちとあまり熱心な読者でなかった司馬遼太郎未読作品を読み始めている。松本清張を読了したのかなと思ったときの冊数が183冊だった。長い間読み切るのにかかった。司馬遼太郎は文庫だけで300冊近くある。膨大である。現在まで2億冊が累計で販売されているらしい。

 司馬の作品は、単品、上下巻というのも無いではないが、とにかく3-4巻は当たり前。取り上げた作品も8巻まである。ひとつの作品ではないが、有名な「街道を行く」シリーズは43巻もある。全部読み切れるだろうか。

 「坂の上の雲」は「龍馬がゆく」とともに司馬作品では最も売れた超ベストセラー作品で誰でも知っている。今頃手に取るのはかなり恥ずかしい。

 この物語は現在の愛媛、伊予の国出身、騎兵部隊を創設した秋山好古、海軍で多くのすぐれた戦術を立案実行した秋山真之兄弟と2人の大の親友で、日本文学に改革を起こした正岡子規の人生をたどりながら、近代日本の勃興期を描いている。

 3人はいろんな経路を経て、東京にでる。明治7年に陸軍士官学校ができ、授業料が無料ということで好古は試験を受ける。その時のテストに作文がある。ところが好古は作文とは何かをわからず、大慌てでまわりの受験生に聞く。試験に受かり、生徒に制服と靴が支給される。靴ははいたことがなく、履くことに汲々とする。

 真之と子規は松山中学校に入学する。

驚くことに国語、修身が授業にない。韓国の積弊清算ではないが、江戸時代の悪い文化、学問は除去しないといけないということで学科からはずされていた。
 しばらくして、国語は学科として復活したのだが、教える先生がいない。神主にでもやらしとけということで神主が先生になる。

 英語教師、当時は松山など地方には殆どいない。教科書はパーレーの「万国史」など原書が用いられ、先生と一緒に声をだして読み。先生が一文、一文を和訳する。しかし、先生が訳せない文が多発する。
 その度に先生は首をかしげ「不可解なり」と言って次の文に進む。

第一巻は秋山兄弟が陸軍、海軍士官学校にはいり、軍の道を歩み始めるまでを描く。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薬丸岳    「友罪」(集英社文庫)

 この作品で扱う問題はどんなに突き詰めても解決されるようなものではない。しかし、その問題にむかう、薬丸のきりもむノミの鋭さ、深い情熱の凄さはただ事ではない。どうしてここまで真剣に追及するのだろう。読んでいて、圧迫され、何度も押しつぶされそうになる。

 主人公の益田は、同じ日に転校してきた桜井が厳しい苛めにあっているので、いつもそばにいて、支えてあげていた。桜井は益田を唯一の友達だと思い、めげずに頑張っていた。そのクラスで葬式ごっこがおきる。色紙に最後の別れの言葉をクラス全員で書いて桜井に渡す。全員が書くから益田も何か書かねばならない。益田は「じゃあね」と色紙に書く。

 桜井は益田に悲痛な思いで電話をする。「もう僕は限界。死ぬしかない。」。益田は冷ややかに答える「勝手にすれば」と。そして桜井は自殺する。

益田はそれからずっと苦しむ。「桜井を殺したのは自分だ」と。

 その益田がホームレスのような生活から脱するために入社した工場に、同じ時、鈴木という青年も入社してくる。2人は友達となるが、鈴木が実は益田が小学校時代、家の近くで起きた小学生殺害事件「黒蛇神事件」の犯人だったことを益田が知る。この事件では2人の小学生が殺されたのだが、眼球をくりぬかれていたりして、その凄惨さで全国で大騒ぎとなった。

 工場で唯一の事務員である藤沢美代子は、俳優を目指していたが、プロダクションにだまされ若い頃AV女優にされてしまう。その時恋人だった達也から無修正の彼女のビデオをおくりつけられ脅迫されていた。達也は、ビデオを工場の社長や社員に送り付ける。

 タクシー運転手だった山内の息子が交通事故を起こし、2人の子どもを死なせてしまう。山内は弱り切り、自らの家族を解散してしまう。

 こんな重すぎる罪や失敗を背負う人たちが重なり合い物語は、重く深く進む。

こんな問題は」解決しようがない。だから重苦しさのまま最後まで至り、物語は閉じる。辛く切ない。しかし、最後の益田から鈴木への、薬丸が渾身の力を振り絞って表現した手紙は、力強くずっと心に響く。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薬丸岳     「誓約」(幻冬舎文庫)

 この物語はいつもの薬丸のように罪と償いがテーマとなっている。特にこの作品は、事件の加害者は死刑にならない限り、社会にでてきて普通の暮らしができるのに、被害者にはなんの社会的救済がなされないというやりきれない問題を扱っている。

 物語はそんな深いテーマを、ホラーとサスペンスで全編を覆う。サスペンスの点でも一流の作品に仕上がっている。

 主人公の高藤文也は、生まれつき顔半分が痣で覆われていた。そのため、誰もよりつかず、孤独の生活、その辛さを暴力など暴れることで対処していた。そして26年前佐藤秀美という女性の家に侵入して、縛り上げ強姦しようとする。秀美はその後ショックで自殺する。

 実は文也は強姦していなくて、別の男が強姦していたのだが、状況からみてそんなことはとても言えず、刑務所にいれられる。

 文也は刑期を終え、ネットカフェを渡り歩いて生活していた。金も無くなり行き詰まって街を歩いていると、橋から飛び降りようとしているおばさんに会う。彼女を取り押さえて、そのまま彼女の自宅に行く。そして、彼女の自殺をしようとした原因を聞く。

 彼女の名前は坂本伸子。一人娘が2人の男に襲われ、強姦され殺されてしまう。犯人は近くに住む門倉と飯山という20歳の無職の男。

 2人は無期懲役の判決を受け刑に服す。しかし無期懲役というのはいつか出所する。

文也は、金もなくこれからの暮らしが成り立たない。すると伸子が全預金500万円をあげるから、門倉と飯山を出所したら殺してほしいと依頼する。実は伸子は、末期ガンにかかっていて余命わずかだった。ということは文也が殺しを実行しなくても、伸子にはわからないと思い、門倉、飯山の殺害を約束して500万円を受け取る。

 それから16年後、突然伸子から手紙が文也の元に届く。門倉と飯山が出所した。手紙には2人の住所が記載されていて、約束を実行してくださいと。

 それを放っておくと、電話がかかってきて何故約束を果たさない。もし実行しないのなら、文也の子供帆子の身の安全は無い。自分はすでに死んでいて魂だけになっているから、帆子をどのようにしても捕まることはないと。

 ここから節目、節目で死んだ伸子が登場して、文也を脅し続ける。恐怖感充分。
そして、最後考えつかないような見事な真相が明らかにされる。

 本当に薬丸の読者を引き付ける力は半端でない。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 05:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT