FC2ブログ

≫ EDIT

石ノ森章太郎   「章説 トキワ荘の青春」(中公文庫)

章太郎は高校を卒業して上京し、最初に住んでいたアパートをでて、漫画家を目指して豊島区椎名町にあった、漫画家ばかりが住んでいる「トキワ荘」の2階にやってくる。

 そこは寺田ヒロオを筆頭に、藤子不二雄、ツノダジロウ、赤塚不二夫などそうそうたる漫画家が住んでいた。昭和30年だった。

 そのころの雑誌は、すべて月刊雑誌。雑誌には漫画も掲載されたが、小説と混在していた。章太郎も作品が掲載されていたのが「漫画少年」そこから「少女クラブ」の別冊にも掲載された。自転車操業のように毎月2つの雑誌に漫画を載せた。

 ところが「漫画少年」「少女クラブ」の出版社が行き詰まり倒産し、その後次々たくさんあった月刊漫画雑誌が廃刊となる。

 章太郎は、漫画はみんなから見向きもされず、廃れると思い詰める。それから、漫画家というのは男が一生かけてやる職業ではない。漫画大好き少年だけが描くもの。こんな思いが強くなったのは章太郎23歳のとき。最早章太郎は少年では無かった。

 章太郎は、漫画から脱却するために、外国への旅にでかけた。アメリカを放浪し、そのあとヨーロッパに渡り放浪し、マカオ、香港を通って、羽田にもどってきた。

 帰ってきたら、廃れるだろうと思っていた漫画はマンガに変わり、雑誌は週刊に切り替わろうとしていた。
 月刊雑誌に2作連載するのにも苦労していたのに、これからは週で追いかけまわされることになった。

 こんな状態になると大変で、時々、締め切りまでに間に合わせれない作品がでて、雑誌に穴があきそうになる。そうなると編集者は、漫画家のたまり場になっているトキワ荘にやってきて、何とか穴埋めのために漫画を描いてくれと頼む。

 赤塚不二夫は当時、ストーリーものの少女漫画を描いていたが、あまりパっとしていなかった。

 穴埋めのためには、ストーリー漫画を考えている時間が無い。やけになってギャグ漫画を描く。

 その雑誌が販売される。自分の描いた作品を赤塚がみる。すると驚くことに漫画の最後に「つづく」とある。
 ギャク漫画作家「赤塚不二夫」が誕生した瞬間である。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



| 古本読書日記 | 06:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

井伏鱒二    「七つの街道」(中公文庫)

昭和31年、文芸春秋の依頼により、7つの街道を回る。そのときの旅行記。

最高に面白かったのは、芭蕉の「奥の細道」紀行に従って、芭蕉が廻った東北の道をたどったときのエピソード。

本当は、もう少し長いのだけど、井伏が以下のことを紙に書いて、行く先々でその土地の方言に変えてもらったところ。
 「あれは何という山ですか。あそこの丘の上にのぞいているあの山。大変いいじゃないですかね。昔、ここに芭蕉が来たそうですね。」

 まずは、石巻で。
 「あそごは、何つう山だべ。あそごの山のウイ(うえ)さででェるあの山。とってもええ山でがいんか。むかす芭蕉がこごさ来たッツうけね。」

 そのあとは岩手の一関
 「あいづ、なんツゥ山だべ。あぞこの丘の上さ出はってるあの山。何ツウいい山ダベニエ。こごさ芭蕉さんが来たったッえ。」

 最後は山形県酒田
 「あれは何てう山だんでろ。あっこの丘の上さのぞいてるあの山。とっても、ええ山でねか。むかす、こごさ芭蕉が来たけんども、」
 私の大学が東北地方だった。寮生活での会話を思い出した。

私の小さいころはスポーツと言えば野球だった。

井伏が宮城県の寒風沢島を訪れる。小学校校庭で生徒が野球をしていた。小さな島で校庭も狭い。だから外野は海の上で、船に乗って守る。ボールが取れないと船を漕いで取りに行く。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



| 古本読書日記 | 06:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高山文彦    「麻原彰晃の誕生」(新潮文庫)

 オウム真理教教祖、先に死刑執行をされた麻原彰晃、本名松本智津夫の生い立ちから、地下鉄サリン事件を起こすまでの遍歴を綴ったノンフィクション。

 悪の教祖と誰もが見ている。驚いたのは、彼の周辺をあたると、隠す素振りは無く、関わりあった人は彼についてよくしゃべる。しかし、大事件を起こした人だから、どうしても超変人としてみんなが語る。確かに、変人ではあるが、そのことが大事件を起こすことの背景にあったのかはよくわからなかった。大事件をおこしたから、変人だったと語っている部分も感じる。

 1987年「オウム神仙の会」が名前を変え「オウム真理教」という宗教法人となった。

80年代後半は。チェルノブイリ原子力発電所事故や、ノストラダムス終末予言により、空前のオカルトブームが起こった。快楽と恐怖が共存しながら終末へとむかう。それに拍車をかける雑誌「ムー」をはじめ、オカルト関連雑誌や本が書店に所狭しと並んだ。

 麻原彰晃は、当時の多くの人々自身の投影だったように感じる。

岩手県釜石市に流れ込む甲士川に餅鉄よばれる鉄の原石がある。これを奇蹟の鉱石と称して麻原はヒヒイロカネと呼ぶ。
 ヒヒイロカネを得たことが、麻原を大きく変える

 このヒヒイロカネを使い、シャクティーパットという方法で麻原は奇跡を起こす。仰向けになった信者の額に親指をこすりつける。このとき信者はヒヒイロカネを持っている。しばらくすると、尾骶骨あたりにあるクンダリニーと言われる生命の根源エネルギーが覚醒され信者は完全に瞑想状態にはいる。尾骶骨あたりが火にあぶられたように熱くなり、そのうちに夢心地になり完全に悦の状態になると麻原のセミナーを受講した人たちが言う。

 麻原はヒヒイロカネにより、幽体離脱をしたということも喧伝する。

サリン事件を起こす少し前、事件により自分は警察に捕まるが、そこを離脱して、自分は解脱者メシアとなり、地球の支配者として再び登場すると信者に宣言している。

 麻原は、俗人ではなく、自分こそ真のメシアであると、最後は信じ切っていたのだろう。

今の世の中、十分注意をしていないとまた麻原のような人を生んでしまう。
 なにしろ奇蹟の鉱石ヒヒイロカネはアレフと名をかえて、信仰のもととして崇めている宗教集団が今現在存在しているのである。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



| 日記 | 06:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

有栖川有栖    「火村英生に捧げる犯罪」(文春文庫)

臨床犯罪学者の火村准教授と推理作家有栖川コンビが活躍するミステリー小説集。
どれも面白いのだが、掌編である「鸚鵡返し」が印象に残る。

京都中京区のマンションで男が殺される。30歳くらい、現金など金目の物は残されていた。窃盗目的ではなく怨恨が殺害の原因と思われる。
犯行現場の一人住まいの部屋には鸚鵡が飼われていた。
その鸚鵡がしゃべる。
「ハンニンハタカウラ」と何回も。

犯人は高浦か。被害者の周囲を捜索すると、高浦の存在が浮かび上がる。高浦は、被害者とある女性をめぐって鞘当てをしていた。

被害者が殺されたとき、死の直前に「犯人は高浦だ」と何回も鸚鵡に向かって叫び、それを鸚鵡がしゃべっていると思われた。
しかし、鸚鵡が、死の直前にしゃべった被害者の言葉を簡単に覚えてしゃべるものだろうか。専門家に問い合わせると、絶対無いとはいえないが、可能性は少ないという。

実は対象の女性にたいしては、もう一人坂田という大学生が鞘当てをしていた。
犯人は、この坂田だった。

 彼は部屋に鸚鵡を飼っていた。そして、毎日「ハンニンハタカウラ」と鸚鵡に対しくりかえし、鸚鵡にこの言葉を覚えさせた。
 坂田は犯行後、自分の鸚鵡と被害者の鸚鵡をとりかえていた。

シンプルだが、パンチの効いたトリックだ。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 日記 | 06:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

有栖川有栖    「スイス時計の謎」(講談社文庫)

推理作家有栖川有栖と、犯罪社会学者で、名探偵でもある火村英生のコンビによる4作の中編ミステリー小説集。

 三隅和樹、村越啓、倉木龍記、神坂映一、野毛耕司、高山不二雄の6人は、高校の同学年で、高校の中でも成績がよく優秀な生徒たちだった。6人は、高校時代「社会問題研究会」というサークルを立ち上げた。しかし、中身は何もなく、排他的で、周りの人間とはちがう気取ったサロンのような集まりで、しゃべりあったり、すこしスノッブな会話するサークルだった。

 そんなサークルでも絆は強く、高校卒業しても2年間に一度の割合で同窓会を開いていた。

6人は、彼らの紐帯の強さを示すために、メーカーはイタリアの名門ブルガリだが、風防やメカはスイスメイドの30万円の腕時計を購入、それを嵌めて同窓会に出席するのが常だった。

 その同窓会が開催される日の午後、村越が自分の事務所で殺害される。そのとき、腕時計が破壊される。その破壊された腕時計を犯人はきれいに掃除をして時計が争っているとき破壊されたことを隠すように細工をする。しかし、使った掃除機から、破砕された一部の粉がみつかり、それが彼らの腕時計のものに一致していた。

 女性は腕時計の表面が手首の内側に来るように嵌める。これは、腕時計が破壊されないようにするためだ。被害者の村越も女性と同じように内側に表面がくるように嵌めていた。ということは、村越の腕時計が破壊されたとは考えにくい。また、高山は自ら時計にT.Fと名前の頭文字を彫り付けて他のメンバーに自慢していた。

 このような背景が浮かび上がってきて、ここから名探偵火村の推理が冴えて、犯人を言い当てる。

この推理が見事にロジカル。どこかで、有栖川が主張していたと思うが、本格ミステリーというのは、些細な物証から、ロジカルに推理を積み上げ真相を明らかにする作品だと。その意味では「スイス時計の謎」は本格ミステリーの王道をいく作品である。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT