≫ EDIT

川口松太郎    「鶴八鶴次郎」(光文社文庫)

表題作を含め、中編3篇が収録されている。表題作がその中では印象に残る。鶴八と鶴次郎は鶴八の三味線と鶴次郎の男太夫というめずらしい組み合わせの新内語りコンビ。この2人が重なり合って演ずる新内が、絶大な人気があり、客を多く呼ぶ。

 2人は惚れあっているのだが、どちらも頑固一徹な性格でしょっちゅうぶつかりあい喧嘩ばかりして、周囲をハラハラさせている。

 鶴次郎は、いずれ寄席をひとつ持ちたいという夢がある。鶴八は器量よしのため、嫁にしたいという男たちが引きも切らない。鶴八は芸一筋で人生を歩み、独身を通すということを公言している。

 しかし、鶴次郎の夢を叶えてあげようと、コンビを解消し、金持ちの懐石料理屋に1万5千円の結納金と引き換えに結婚し、その金を鶴次郎に与え寄席の資金にしようとする。

 鶴八は、三味線が弾けない辛さと、募る鶴次郎への恋心に耐えきれず、3年で嫁ぎ先から逃げる。

 そして、鶴次郎と一緒に舞台へ立つ。往年の集客まではいかないが、それでも客の2人の復活の期待は強い。

 ところが、舞台を降りた鶴次郎は、鶴八の三味線を下手とこき下ろし、もうコンビでは舞台にたたないと言う。鶴八は、三味線の技術は全く落ちていないのに、何故鶴次郎がそんなことを言うのか理解できない。

 鶴次郎は、自分の声の質が落ちたことを知っていた。3年前の拍手喝采を浴びた芸は自分には最早できない。それで鶴八との共演は無理だと思ったのだ。

 芸というのはピークがあるのだ。それを過ぎたらとても客には披露できない。こんな真剣な芸人は現在にはいない。その決断の潔さにはただただ驚く。

 川口松太郎は第一回の直木賞を受賞している。当時は作品でなく作家に与えられていた。

直木賞が受賞できたのは、この作品が大きく寄与したと直木賞研究家の川口則弘があとがきで書いている。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 05:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大人の味

昨日、イオンのペットショップに行こうと思ったら、駐車場が満車で入れなかったわけです。
「さくらのためにおやつを買ってあげたい。牛の蹄とか喜びそう」と、はなゆめママが言いまして。

んで、今日、ねえやが仕事帰りに寄ってみた。

IMG_0855.jpg

ん?

IMG_0856.jpg

↓3か月半
IMG_0861.jpg

しかたないので、もっとソフトなやつ

IMG_0853.jpg

「白いたいやき」とか「マドレーヌ」とかもあった。ていうか、ケーキ屋みたいなガラスケースでケーキっぽいものも・・・。
お犬様ですなぁ。
ひづめはこいつに。

IMG_0859.jpg

埋める場所が無いし、おばあさまには硬かったのか、あまり食いつかなかった。

IMG_0857.jpg
でも、盗られるのは嫌

さくらがでかくなったら、バキバキ食べていただきましょう。

IMG_0864_20170626214311d3a.jpg


おまけ:食事中、爺やの膝へ乗りたがる茶々丸のために
IMG_0854.jpg
刺し身やちゅーるの方が好きなんだろうけど……まぁ、食べなかったら犬ご飯のトッピングだな。

| 日記 | 21:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

馳星周    「夜光虫」(角川文庫)

主人公の加倉はプロ野球でノーヒットノーランを成し遂げたことのあり将来を嘱望されていた投手だったが、肩を壊し大きな借金も作ってしまい、活路を求めて台湾プロ野球に入団する。

 台湾プロ野球は、八百長が蔓延していた。台湾野球賭博には、中国、香港、マカオから膨大な賭金が流れ込み、一試合で数億円の金が動く。賭けに勝てば一晩で数億円の金を得るが、逆に負ければ数億が一晩で消える。だから、選手に八百長をさせ、選手にも多額な報酬を与える。

 選手の給料は少ないのだが、この成功報酬がでかく、八百長に染まった加倉でも、すでに5000万円以上のお金が地下銀行には貯まっていた。

 この八百長の元締めが黒星という台湾暴力団マフィア。このマフィアが幾つかあり、対立するマフィアの間に入って加倉が滅亡してゆく過程を作品では描く。

 ここに、黒星だけでなく、加倉を追いつめる王刑事が、加倉の弟だったり、父親で加倉の付き人である王東谷が、実は黒星の重鎮だったりして、物語は重層になって展開し、中味の濃い内容になっている。

 通常このタイプの小説は、格闘、殺し合い場面を執拗に、鋭い言葉を多用し描いたり、女性との情交場面を読者を興奮させるべき、たっぷりと描くが、この作品は実にその場面はあっさりとしている。

 それが、物語にスピード感を与え、800ページを超える大作を興奮しながら一気に読ませる。
 見事なものだと感心した。この作品をものにした馳の筆力は芸術的であり、最高ランクの質の高い文学作品に私には思えた。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 古本読書日記 | 06:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奥田英朗    「ナオミとカナコ」(幻冬舎文庫)

望んでいなかった職場で鬱屈した日々を過ごす直美、友達の可奈子の銀行員の夫がDVを繰り返し、可奈子が傷だらけになってしまっていることを知る。そこで、互いに今の環境から脱し、新しい世界に飛び出そうと、可奈子の夫を殺害することを計画する。

 この計画を実行しようと決意したのは、可奈子の夫にそっくりな不法滞在者の中国人、林の存在を見つけたところからだ。林に可奈子の夫のパスポートを渡し、彼女たちが殺害をしたときに、林は可奈子の夫にして上海に渡り入国させることにしたのだ。

 彼女たちは可奈子の夫を殺害し、富士山の麓の樹海に埋める。殺した可奈子の夫は、そのとき上海にいることになっている。

 彼女たちは林にその報酬として200万円を与える。しかし、そのお金をATMから彼女たちが降ろすと隠しカメラで彼女たちをとらえ、彼女たちの計画がばれる。だから、お金の引き出しは林にやらせる。その金を持って成田から出国させる。

 完璧だと思った計画に綻びがでる。

 隠しカメラは今や、ATM内にとどまらず、あらゆるところに存在している。ATMの外に取り付けられている隠しカメラに林と可奈子、直美が一緒に写っている画像が発覚する。

 ここで殆ど万事休す。

殺された夫の妹が興信所を使ってしつこく追求する。しかし、個人情報保護の観点で、興信所が警察に要請しても、カメラの画像が見られることはないはずなのだが、興信所には警察OBがいて、そこを突破できるようになっている。
 まったく世の中どうなっているのかと思う。

だから、読者は、どうしても可奈子、直美が逃げ切って欲しいと応援しながら読むことになる。そこのドキドキ感がたまらない。奥田ワールド全開である。奥田の作品の疾走感に酔いしれる。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 古本読書日記 | 05:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

有栖川有栖    「江神二郎の洞察」(創元推理文庫)

京都にある英都大学法学部に入学した主人公の有栖川有栖が、27歳で未だに大学生である江神二郎が部長をしている英都大学推理小説研究会(EMC)に入部。そこで起こる数々の事件を部員である織田や望月と推理しながら、最後は江神探偵の名推理により解決する有栖川の名探偵江上シリーズ誕生から9編を収めた短編集。

 中には殺人事件もあるが、軽微な出来事も収録されていて、学生生活のリアルさも発揮された楽しい小説集になっている。

 最初の作品の「瑠璃荘事件」のアパートの2階の電球が点滅してきれそうだったのが、講義ノートが盗まれたとき、電球が変わり、点滅しなくなる。この電球誰かが、気が付いて新しい電球を購入してはめたはずなのだが、それだと盗みをした該当者がいなくなる。

 どうしてこれが解決されるか。実は1階の電球を2階と入れ替えをしただけ。単純だけど、盲点をつくトリックである。

 古書店「文誠堂」店主の溝口。一人娘を交通事故で亡くし、妻も病気で他界する。この溝口が、自分の土地相場5000万円するものを1000万円で手放してから、生活態度が豹変する。

 購入者の学生に対し、古書をどれでもただにする。居酒屋に時々現れ、知り合いの客の分を全部支払う。そして、とうとう推理小説研究会のメンバーが食事をしていた中華料理屋に居合わせ、そこで食事をしている全員の費用を持つ。

 流石にこれはおかしいと江神が聞き込みや、溝口の家のまわりの隣家や、駐車場の配置を調べ、週末の土曜日に事件が起きると推理し研究会メンバーが張り込みをする。

 溝口は隣家とずっといがみあっていた。娘の結婚話も隣家のあり得ない噂でつぶされた。隣家への憎悪は並大抵のものではなかった。それを江神は掴んだ。

 そして張り込みをしていた土曜日の夜、溝口は自家と隣家にガソリンをまき、放火をしようとした。

 恨みつらみの中身が十分に説明されていないので、納得感はもうひとつだが、江神の鮮やかな推理には思わずの納得。

ランキングに参加しています。
ぽちっと応援していただければ幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 
 

| 古本読書日記 | 05:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT